So-net無料ブログ作成

東京オリンピック・パラリンピックのシンボルマーク問題 [スポーツ]

東京オリンピック・パラリンピックのシンボルマークと似たようなデザインのマークがすでにあった問題ですが、デザインしたデザイナーは、似ていると指摘されたデザインを参照したことはない、と否定しました。
オリンピック組織委員会もデザイナーを支持し、似たようなデザインのマークが商標登録してなかったことから、問題ない、という見解を示しました。
たしかに、法的には問題ないのかもしれませんが、ケチがついたデザインをそのまま使うのは、いかがなものか、と思います。
新国立競技場の問題もそうですが、東京オリンピック組織委員会は、問題があっても、自分達が決めたことをそのまま通そうとする傾向が強いです。
たしかに、いちいち批判的な意見に対応していると、オリンピックなんか開催できないかもしれませんが、あまりにかたくなで、なぜここまでこだわるのか不思議に思ってしまいます。
デザインしたデザイナーは、デザインのマークの件が問題になったあと、過去の仕事についていろいろ指摘があり、ちょっと問題がありそうな雰囲気が漂ってきました。
織委員会は、問題があったら自分達の意見を押し通そうとぜず、もう少し考えてから結論を出してほしいです。
このまま強引に押し進めるなら、今後何かあった時、国民の協力を得られなくなるかもしれません。


共通テーマ:スポーツ

ワンピースと、カーディガンの色の合わせ方 [ショッピング]

UVを避けるためと、冷房対策もあって、ワンピースを着るときは、カーディガンを着用しています。
駅に向かうまでの10分の徒歩でも、すぐ焼けてしまうので、カーディガンを着る事はとても大事になってきます。
バーゲンなどで買い足していって、今では6-7着のカーディガンがあって、ワンピースの色味に合わせています。
ベージュ、赤、ネイビー、ピンクのカーディガンを持っています。
ベースが濃い色のワンピースの時は、赤が結構活躍します。紺色や、白地に紺色や、紺色ベースの花柄のワンピースがありますが、
それに赤をあわせると、さし色になって綺麗な感じがします。
目線も上半身の赤に行くので、下半身に目がいかないのもいい所です。
紺色のカーディガンは、主に白のワンピースに使っています。下地が白ですから、ベージュやピンクを持ってくると、全体的にぼやけた感じになってしまいます。
紺色で引き締めた感じがしますし、白を引き立たせて清潔感が出るので、ワンピース自体がカジュアルでも、カバン次第でかちっとした印象になります。
ベージュは、同系色が私は意外と合います。私はベージュのスカートと、オフホワイトのカットソーの上に、メッシュ素材のベージュのカーディガンを羽織っています。
全体的に涼しげな感じがすると思います。
ピンクは、生地の一部にピンクが使われている洋服の上に羽織っています。持っている4色の中では、合わせるのが意外と一番難しいです。
夏の服は、白っぽい服が多いので、それに合わせるとぼやけてしまいますし、結構主張する色というのもあります。
いる場所によって、肩からかけたり、腰に巻いたりといろんなバリエーションも楽しめるカーディガンですが、
合わせ方によっていろんな表情が出るので、それも楽しみに着ています。


共通テーマ:ファッション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。