So-net無料ブログ作成
住まい ブログトップ

マンション売却で、角部屋、南向き、高層階なら高く売れるけれど。。 [住まい]

apartment.jpg

90年代の半ば頃、誰もが給料が下がることなんて夢にも思わなかった時代がありました。
多くのサラリーマンが5千万円超のマンションを35年の住宅ローンを組んで購入したと言われています。
マイホームの購入は、一般的な収入の人間にとっても普通のことでした。

ところが2000年代に入って様相が一変してしまいました。
小泉内閣で規制改革、行政改革をやったあおりを受けて多くのサラリーマンが給料減、リストラ、失業の憂き目に遭ったのです。
その結果、90年代に組んだ住宅ローンが払えなくなりマンションを泣く泣く手放さざるを得ない人たちも出てきました。

私の知り合いの物件でも、当初の入居者の半数近くがローンを払えなくなり売って出て行ったと聞きました。
90年代に新築で購入したとしても、2010年には築15年の中古マンションに過ぎません。
古い物件に人気がないのは当然です。
ローンを払えなくなった人たちは、如何に高く自分のマンションを売却するかを考えます。

ただ、これにも限界があります。
所有する物件が何階であるのかとか角部屋で皆見向きなのか、あるいは北側で両側を挟まれているのかといった条件によって売却価格は大きく変わってきます。
こういった条件は、後から変えることはできません。

一番高く売却できるのは、角部屋で南向き、しかも高層階であれば高く売れると思います。
最近自宅のポストに不動産会社の無料査定のチラシがいっぱい入ってきます。
一度、こうしたチラシの中から信頼できる大手不動産会社を選んで無料査定してみることをお勧めします。



共通テーマ:住宅

劣化状態に適した外壁塗装で家を長持ちさせることができる。 [住まい]

paint.jpg

家の年数が経つにつれ、外壁の劣化が進みます。
そこで必要になるのがメンテナンスですが、ただ闇雲に塗装すればいいという訳にはいきません。
大切な家ですから、適した種類の塗装を施すことが大切になります。
外壁塗装を必要とするのは、カビ、ヒビ、汚れといったものが目につく頃です。
そしてそれぞれのケースに適した塗料を用いて工事をする必要があります。

カビが目立つ場合には、防カビ剤入りの塗料を使います。
ただしそのほとんどは防カビ剤入りですので、それほど気にしなくてもいいはずです。
またヒビの場合は、弾性塗料を用いてヒビの再発を防ぎます。
そして汚れが気になるときには、汚れに強いものを塗ります。

このように外壁の劣化タイプによって塗料を使い分けますが、実に様々な種類です。
フッ素・シリコン・ウレタン・アクリルの4種があります。
またそれらは油性やシンナー系の溶剤と水性に分けられます。
そしてさらにそのまま使える一液タイプ、主剤と硬化剤の二つの材料を混ぜて使う2液タイプに分かれるのです。

ところで外壁塗装といえば壁だけに注目しがちですが、実際には壁そのものよりも、破風や窓枠、ひさしなどの木部・鉄部の塗装に重点を置いた方が、家全体の長持ちにつながるのです。
また使用する塗料の種類に適した壁かどうかを確かめる必要があります。
家をできる限り長持ちさせるためには、まめに外観をチェックして、劣化がひどくなる前に塗装を施すようにしたいものです。


共通テーマ:住宅

お掃除スリッパで時短家事 [住まい]

お掃除スリッパを使うようになりました。
ずっとお掃除スリッパは使ってみたいなぁと考えていたのですが、歩きにくそうだなぁと思い敬遠していました。
ですが、最近ちょっと忙しくて掃除ができていなかったのを夫が気にして、夫と私用のお掃除スリッパを買ってきました。
このお掃除スリッパを履いていれば、多少忙しくて掃除ができなくても大丈夫なんじゃないという夫の気持ちをありがたく受け取って、早速はいています。
お掃除スリッパを履いて歩くと、確かに落ちている埃が減りました。
でも私としては、一番このお掃除スリッパでスゴいと感動したのが水分の吸収に優れている所です。
キッチンで水はねしてしまった時でも、このスリッパを履いていれば床の水分を吸収してくれるので、後から床を拭き掃除する必要がなくなったのが助かります。
いつもは、水はねを自分で踏んでしまって、靴下がぬれて足が冷たくなってしまうのに、このお掃除スリッパを履いてからは足が守られているように思います。
今は追加でお掃除スリッパを買ってきて、毎日洗いがえして履いています。
最初は、夫が買ってきた時は半信半疑で使い始めましたが、今ではなくてはならない家事のお助けアイテムになっています。


共通テーマ:住宅

リフォームをする手順の決め方とは [住まい]

住宅の増改築をする方法は手順を正しく決めて今後の計画を立てる必要があり、かかる費用や内容を比較して最適な業者を選ぶ方法が最適です。
同じ物件を長く使うために必要なことはリフォームをして設備を改善することで、今後の生活を安心して過ごせるように考えて業者と相談すると効果的です。
実際のところ工事には多くのお金がかかるため、段取りを正しく決めることが重要です。
設備が摩耗すると快適な生活ができないことや悪臭などが発生しゆったりとくつろげなくなるために対処をする必要があります。

続きを読む



共通テーマ:住宅

我が家はハムスターマンション [住まい]

現在、我が家はハムスターマンションのような状態になっています。
元々は主人が私の誕生日プレゼントでハムスターを買ってくれました。
オスとメスの二匹で、とても仲良しでした。
そうなると当然のようにメスが妊娠して出産しました。
オスは子育てに参加しないと聞いてすぐに父ハムは別のケージへ単身赴任させました。
生まれた子ハムは二匹でした。
信じられないスピードで成長し、いつまでも母子を一緒にしていると母ハムがストレスが溜まると聞いて、子ハム達を別のケージに入れました。
3つのケージが並んでいて、まるでハムスターマンションです。
後々、父ハムを母ハムのケージに戻してやろうと思っていますが、また子供が産まれるのではないかと心配です。
子ハム同士は仲が良いです。
性別がまだ解っていません。
人間慣れしていないせいか、手を近付けると信じられないスピードで逃げてしまうのです。
一匹は怖がりだからか、逆に気性が荒くてジージーと鳴いて怒ったりします。
人間に慣れて手に乗ってくれないと性別が解らないので困っています。
オスとメスだった場合、また違うケージに入れることになります。
里親を募集していますが、手乗りハムにならなければ譲れないでしょう。
ハム家族みんな飼いたいのが本音ですが、そうも言ってられない状況です。
子ハムが早く人間慣れしてくれれば良いなと思っています。


共通テーマ:ペット

リフォームの時には業者との打ち合わせはしっかりとやる [住まい]

住まいの改築をしようと考えいているときには、いろんな工事のことを思い浮かべます。
考えていると、あちこち新しくしたくなるので、途中でわからなくなることもあります。
リフォームの項目が多ければ多いほどわからなくなりますが、自分でやるわけではないので、みんな業者にまかせっきりになってしまいます。

続きを読む



共通テーマ:住宅

家庭用太陽光発電でオール電化について [住まい]

定年退職し家内と二人、隣接集合団地住まいです。
お正月に里帰りした、産業用太陽光発電関連の仕事に従事している子どものアドバイスがあり、築10年の家に太陽光発電と予算が合えばオール電化を検討しました。
目的は高齢になるにつれ、私達、老夫婦の動きが段差等でつまづき、また、物忘れの傾向が酷くなって来てる様子を見て、火器の使用を心配してくれました。
この結果、オール電化に切り替える様に考え、さらに、将来的な電気代も考慮し、先ずは、ソーラ発電を検討してくれたのです。
太陽光発電とオール電化によって暮らしの安心と安全が高まった、目的はこれで達すると言って、子どもたち一家は帰って行きました。
費用は想定外に嵩さまず、安全と安心の事もあり、次の考えで設置を決定致しました。
1. 住んでる環境が一戸建てで、太陽光発電の集合住宅が増えてきている、環境問題絡みで自治体の太陽光発電の補助も受けやすい流れである事。
2. 遠くに住んでいる子どもに余計な心配を掛けず、お互いが安心して過ごしたい。
3. 太陽光発電は節電効果によっては売電効果が考えられ、想定したより経済的になる可能性がある事。
4. オール電化では、仮りにスイッチの切り忘れでも安全装置があり、絶対に火災に至らない。高齢化の賄いでは火災の危険性が否定できない。
5. 外食では中々好みに合った食事は少ないし、高くつく。
結論として、トータル的には家庭用太陽光発電と電化の設置が割安と考えられた。
以上、私達のお家にはこの夏までに家庭用太陽発電とオール電化が実現します。


共通テーマ:住宅

LED電球の寿命 [住まい]

LEDの電球がつかなくなりました。階段の上の電球と玄関わきの電球です。
10年もつんじゃなかったっけ。3年半くらいしかたっていないのですが。
同時期に取り換えたほかのLED電球は異状ありません。
この2カ所は確かにつけっぱなしに近い使用度でした。
けど、安くはなかったから、腹立たしくてくやしくて。
色々調べてみると、一日5.5時間で20年もつとかいてありました。寿命(取り換え時期)は明るさが初期の70パーセントになる頃らしいです。
ということは、いきなりつかなくなるのはおかしいですよね。
要するにLEDの電球に組み込まれている基幹部分の部品がよくなかったということらしいです。
日本のメーカーでも国外の工場で作っています。不良品とはいいたくありませんが当たりはずれということでしょうか。
2個も同じタイミングでダメになるのはやっぱりくやしいです。電気代は安くなるとかいうけど、はたして電球代と電気代得したのか損したのかわかりません。
取り換える手間が省けたのはよかったけど。
電球型蛍光灯も普通の電球よりはもちました。
10年もつとか20年もつとか言い過ぎてるんじゃないですかね。
電気代が安くなるだけでいいのでは、それだけでも魅力です。あとは、もう少し値段を下げてもらえたら許せるかも。


共通テーマ:住宅
住まい ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。