So-net無料ブログ作成
検索選択

旦那の朝ごはん作り、美味しく食べてくれました。 [料理]

egg.jpg

いつもより比較的早く起きてパソを立ち上げ、起動しているその間にいつもの朝カフェを用意。
昨日よりは5~6℃以上も気温があるし、+5℃の差はデカい笑。
凍えるような昨日に比べたらずいぶん過ごしやすいようだと一日のスタートを切った。

でもこのちょっとだけ早く起きた分油断したのだろう、ついついおいしい朝カフェ片手にパソにへばりついている時間が長くなってしまったあまり、自分の出勤前のいつもの軽食づくりへの取っかかりが出遅れてもうた笑。

今日が休みゆえに遅く起きてきたダンナちゃん朝ごはんもとりあえずあるもので作ることに。
どわーーー笑!!と時間に押されている心の中での叫びがそっくりそのままダンナちゃん朝ごはんのたまごサンド用のたまごのみじん切りにババババーッと表れていた笑。

野菜サラダをスピーディに作ってからマヨとコショー、冷凍ブロッコリーのみじん切りを混ぜ合わせ、ハイパーマッハスピードでたまごサンドを作ると、これまたババーッとダンナちゃんが座っているパソデスクに持っていったら「おお~、おいしそうだよ~」と喜んでくれたので朝の華麗なるハイパーどわー大会が報われた笑。

たまごサンド作りながら内心「私は早いんだよ~笑」とか自分で思った笑。
今思えば、たまごサンドにも冷蔵庫にハムあったんだからハムも一緒にサンドしてハムたまサンドにして出してあげてたらもっとよかったナー。

あの朝ラッシュの中でそこまでアタマが回らなかったわ笑。
でもダンナちゃんがサラダもサンドもおいしく喜んで食べてくれてヨカッタ。


共通テーマ:グルメ・料理

タケノコのアク抜きに初挑戦した手順と感想。 [料理]

takenoko.jpg

先日、農家の友達から皮つきのたけのこを買いました。
皮つきなので、あく抜きをしなければなりません。
今まで、たけのこは水煮しか買ったことがなかったので、自分で下処理に挑戦するのは初体験でした。

まず、たけのこの先端を切り落とし、その断面から皮に切れ込みを入れます。
思ったより皮が固く、なかなかうまく刃が入らなくて大変でした。
そうしたら、次はいよいよたけのこを茹でます。
通常、たけのこのあく抜きには、米ぬかが必要だそうです。

しかし手元に米ぬかはなかったので、米のとぎ汁で代用することにしました。
我が家では一年に数回しか使わないような大きな鍋にたけのこを入れ、米のとぎ汁をたけのこ全体がつかるくらいそそぎます。

しかし、とぎ汁だけではたりなくて真水を少し足しました。
そうしたら鍋を火にかけるのですが、水量が多いためか沸騰するのにはかなり時間がかかりました。
沸騰すると、想像以上にたくさんの灰汁が出てびっくり。

あとは落し蓋をして、1時間くらいぐつぐつと煮ました。
水が減ったら足さないといけないのですが、少し目を離すと思ったより水量が少なくなっていました。
ちゃんと気にかけていないといけないようです。
火を止めたら、そのままお湯の中に入れたまま冷ますのですが、なかなか温度が下がらず半日くらいかかりました。

たけのこのあく抜きは初めてで、全部の工程で想像以上に時間がかかって大変でしたが、できあがったたけのこで炊き込みご飯を作るととても美味しかったです。
また挑戦したいと思います。


共通テーマ:グルメ・料理

昨日のリサイクル!今日の晩御飯 [料理]

昨日のおかずは、ナスやピーマンを揚げてネギたっぷりの甘酢に漬けた、「野菜の南蛮漬け」でした。
昨日のうちに、あらかた野菜も食べきってたのですが、野菜のうまみがしみ出したタレが大量に残ってしまいました。
このタレがまた張り切って作ったものだから、山椒や唐辛子、にんにく生姜の風味を利かせた力作。
それをみすみす捨てるわけにはいかない!と思い、今日まで容器に入れて保存しておいたのです。

さて、今日はこのタレをどうやって活用するか……と悩んだ末、冷凍の鶏もも肉と合わせようと思い立ちました。
とても美味しくできたので、作り方を書き留めておこうと思います。
冷凍の鶏もも肉を、厚いところを開くようにして切り、醤油と酒で下味を付け、1時間ほど味をしみ込ませます。

1枚丸ごと片栗粉を付けて、油で中まで火が通るようにカリッと揚げ、揚げたてを一口大に切る。
切った鶏もも肉を、冷えたタレに漬け込んで出来上がり。

タレに移った揚げ野菜の風味が鶏肉とマッチして、とても美味。
今日は肉が熱いまま食べましたが、冷やしてもきっと美味しいと思います。

しかも、昨日の残りだから手間いらず!!
昨日のうちに野菜も残しておけば良かったかな?
次からは、リサイクルすることを見越して、最初から多めに作るのを定番にしたいと思います。


共通テーマ:グルメ・料理

一人暮らしの料理 [料理]

一人暮らしはじめて、それから料理を始めた。
もともと、あまり料理はしなかったし興味がなかった。
だけど、一人暮らしをしだして田舎だからあまり食べに行くところもないし、そんなに社交的な性格でもなく家でいるのが好きなので自ずと料理をしだした。
意外とやってみるとできるもので、ネットや本を見ながらするとそれなりに作れる。
だから、料理が全くできないという人がいるが私はよくわからない。
やれば、誰でも料理ってできると思う。
するのが単に面倒だったり嫌なだけだろう。
それで、料理をするって頭がいるなと思った。
材料を買う段階から、何が必要でいくら費用がかかり、料理にはどのぐらい時間がかかりそうかとか段取りを考えるからだ。
料理って、一つのことをずっとしている訳ではないので、材料を切りながら火加減を見たり味見をしたりと忙しい。
なので、嫌なこととか余計なことを考える暇がないので料理はいいリフレッシュにもなる。
まあ、たまに失敗してなんじゃこりゃといったものができるけど、おいしいものができるとうれしい。
ただ、一人なので食べさせる人がいないというのは寂しいね。
近々、私と一緒においしいねって言い合える相手が欲しいもんだね。
ほんとうに。


共通テーマ:グルメ・料理

炊飯器でチャレンジ [料理]

なんだか、急にものすごくお肉が食べたくなってしまいました。
そんなことを思ってたら、友達がフェイスブックで美味しいローストビーフを食べたって記事をあげてたんです。
それを見たら頭の仲がローストビーフ一色になっちゃいました。
これはもう食べるしかないでしょう。
でも、お店で食べると高いしちょっとしか食べられない。
なので、思い切って作ってみることにしました。
早速スーパーに行ったら、なんとローストビーフ用のお肉がセール中で安くなってたんです。
これはついてますよね。
セールに浮かれて少し大きめの塊をゲットしました。
今回作ろうと思ってるのは炊飯器を使ったローストビーフです。
ネットとかで評判になってたんでずっと気になってたんですよね。
まずは塩こしょうを塗りこんでしばらく置き、フライパンで焼き目をつけます。
そしてジップロックなどに入れて空気を抜き、お湯と一緒に炊飯器にいれるだけ。
ポイントは炊飯ボタンを押さないことです。
あくまでも保温ボタンです。
お肉の大きさにもよりますが、だいたい45分から60分くらいですかね。
肉汁ダラダラがお好きな方は45分くらいがいいのかな。
私は今回はしっかり熱を通してみました。
想像していたようなピンクにはならなかったけれど、やわらかくて美味しい仕上がりになりましたよ。
こんなに簡単ならまた挑戦したいですね。


共通テーマ:グルメ・料理

自家栽培の豆と圧力鍋で作る手料理。 [料理]

nabe.jpg

去年の春に、近所の方から「ササゲ豆」のタネを頂きました。
種子は見た目も味も小豆によく似ていますが、小豆とは違ってツル性の植物です。
これを緑のカーテン用に栽培したところ、台風の襲来にもへこたれずに育ち、少ないながらも豆を収穫することができました。

ちょうど先日、義理の母からもち米を分けていただきました。
それを、主人がササゲ豆と一緒にお赤飯にしてくれました。
ネットでレシピを調べながら圧力鍋で炊いてみたところ、短時間で美味しく仕上がり、夫も私も大満足でした。

私は実家に居た頃は、あまりササゲや小豆を積極的に食べる機会はなかったのですが、炊きたての美味しさも相まって、すっかり気に入ってしまいました。
自分でも圧力鍋で豆を炊いて、大豆やひき肉と一緒にカレー入れても美味しかったです。
それで、収穫した分はあっという間に全部食べてしまいました。

そうすると今度は、実家の父が我が家に遊びに来た際に小豆を1キロも譲ってくれました。
実家では、小豆があっても使いたがる人がいないとのこと。
もったいない、こんな美味しいものを…とありがたく頂戴し、半分はもち米のお礼として義母にお渡ししました。
先日義母に会いに行った所、早速小豆をぜんざいにしたとのことで、鏡開きのお餅と一緒に食べさせてくれました。
これも美味しかったです。

結婚してから「手作りの味」の良さをしみじみと噛みしめることの多い毎日です。
私も今度は自分でぜんざいを作ってみようと思います。
料理って、いいもんですね。


共通テーマ:グルメ・料理

料理は気分転換 [料理]

寒くなってきてあたたかい料理が恋しくなってきました。
煮込み料理も気分です。

仕事が忙しいとつい、外食や買ったもので済ませてしまったり、簡単な料理で済ませてしまうことが多くなります。
そんなときは心も荒れている時が多いです。
なのであえて時間を作ってゆっくり料理をする時間を作るようにしています。
その料理も少し凝ったものにするようにしています。
例えばきちんとスパイスを、すり込んでゆっくり作るローストビーフや玉ねぎをゆっくり炒めて作るトマトソースなど。

材料を丁寧に刻んだり、肉に下味をつけているとなんだか気持ちも落ち着いてきてます。
無心になって炒めていると余計なことを考えることもなく気持ちが静かは凪になってくるのがよくわかります。

そして、料理ができる頃には穏やかな気持ちになれるのです。

忙しい!疲れた!
そんなときこそ、わたしは料理をすべきと思っています。

食べることはとても大切。
そのひとつ手前の料理をすることもやはり大切だと思うのです。

毎日のことだけど毎日丁寧にできなくて良いと思います。
その分、時間を作って丁寧にする日をもうけるのがメリハリになって良いかなと思っています。

美味しいごはんを食べながら人はなかなか怒る気にならないと思うのでそんなためにも美味しい料理を作ることは一石二鳥なのではないかな?と思います。


共通テーマ:グルメ・料理

タチ(真鱈の白子)で美味しいお吸い物 [料理]

夫が1泊2日で出かけました。う~ん、のびのび~。
いつも、買い物の時は車を運転して一緒に行ってくれる夫です。
それはとってもありがたいのですが、買うものについて、なにかしら「自分流」のある人で、ちょっと窮屈に感じることもしばしばです。
さ~、今日は自由に好きなものを買って、好きなものを食べるぞ~!
夕飯には、私の大好物の真鱈の白子(北海道では、それをタチといいます)を買ってきて、お~いしいお吸い物を作りました。
いつもは、タチは夫が新鮮さにこだわるので、値段の高い生食用しか買いません。
そうすると家計に響くので、ついついタチには手が伸びず・・好物なのにめったに口に出来ません。
よし、今日はタチ、と決めて、お店に行ったら、手頃なお値段のタチがあるではありませんか。
「加熱用」と書いてありますが、お吸い物にしてしっかり火を通したら美味しいに違いありません。
もちろん、美味しくできましたよ~。
こぶと鰹節で本格的にだしをとって、タチは湯通しをして臭みを抜いて。
う~ん最高! 夫に食べさせたくなりました。
高級タチでなくてもこんなに美味しいんだよと自慢したくて、半分残して冷蔵庫へ。
夫には「加熱用」だということを言わずに食べさせて、うならせてやろうっと。


共通テーマ:グルメ・料理

日々のお弁当づくり [料理]

私の毎日の日課であるお弁当作り。
節約も兼ねて、旦那さんのお昼ご飯を2年前からお弁当に切り替えました。
初めの頃は、結構お弁当づくりって時間も手間もかかるなぁと思い、メインのおかずは夕飯の残りを詰めて、小鉢は冷凍の物を購入したりして少しだけ手抜きをしていたのですが、旦那さんからある日『冷凍はあんまり美味しくないから入れないで欲しい』『たまには夕飯の残りじゃない物を入れて欲しい』などなど、不満の声多数。
少しは作る方の身にもなってよ!と思いつつ、そう言われてしまうと意識してしまい、とりあえず冷凍ものはあまり使えなくなりました。
はじめは小鉢のレパートリーがかなり少なく、ほうれん草のおひたしか、ピーマンのゴマ油炒めかしか思いつかなかったのですが、最近は人参しりしり、もやしとニラのナムル、ナスのしょうが焼きなどレパートリーも順調に増えてきて、旦那さんも満足してくれているようです。
メインのおかずは、相変わらず夕飯の残りを入れてしまう事もあるのですが、夕飯がとんかつであれば、お弁当はカツ丼にしてみたり、夕飯では豚ロースでしそ梅チーズ巻きを作ったら、お弁当は残りの豚ロースでしょうが焼きにしてみたりと、工夫をして旦那さんを飽きさせないようにしています。
こうやって日々努力していく事で、主婦としての成長に繋がっていけたらいいなぁと思っています。


共通テーマ:グルメ・料理

チャーハンって各家庭独自の味がある [料理]

チャーハンって各家庭独自の味があると思うんですね、それも良いのですがあの食堂のチャーハンの香りや味ってどうしても出せないんですね、火力が違う?使っている鍋?油?いろいろ試行錯誤します、調味料を入れた後にお玉で何かの液体を入れているようでしたので、もしかしてラーメンの鶏がらスープかなぁ?なんて思って鶏がらスープを買ってきて作ってもあの味と香りは出ませんでした。
油かなと思い、食堂ならラードって先入観かラードを使って作ってみましたがどうも違う、じゃぁとネギをラードで炒めたネギ油を作ってみましたか、やっぱり違うんです、同僚の元和食料理人だった男性に聞いてみたら、鶏がらスープだよっていうのでその意見は以前試してみてダメだったものです。
もう無理かぁやっぱり食堂で味わうチャーハンなのねってあきらめかけた時、同じ感じの味と香りが出たんです、以前あるサイトでこのラーメンは何でおいしいんですか?っていう質問にグルだよグル、という答えを見たことがありました、グルとはうま味調味料の事です、家庭に普通にある赤い蓋の物を普段から使っていたのですがそれではダメみたいなんですね、L-グルタミン酸ナトリウム100%の物でないといけないらしいのですが近所のスーパーには売っていないんです、いろいろなお店を回ってみてやっと見つけたんですね100%の物を業者向けのお店でした、さっそく作ってみたら、出ましたあの味が、でももうちょい何かが足りないと思いうま味調味料を見つけたお店で一緒に買ってきたラーメン用のコショウを入れてみたら作れちゃったんですね、あのチャーハンが。火力の低い家庭用コンロでもできちゃうって凄いですよね。


共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。